借金 返済

借金返済の相談前にツールで確認

簡単な質問に答えるだけ!
無料で借金解決のシミュレーションができます。

借金解決無料診断ツール

任意整理ってなに?

任意整理とは?

 

債務(借金)整理の方法の1つです。
債務整理の方法にはこの他に個人再生・自己破産などの方法がありますが、
最もよく利用されているのがこの任意整理で、自分で借金整理の対象の金融業者などを選ぶことが可能です。

 

債務者(借金している人)に代わって任意整理をしてくれるのが代理人といわれる

 

弁護士や司法書士です。

 

弁護士や司法書士は金融業者と交渉し、
債務者が生活に無理のない程度の返済額の和解交渉を行います。
また、場合によっては払いすぎた利息が戻ってくる過払い金というものもあります。
⇒過払い金に関する詳しい説明はこちら

 

任意整理の具体的な交渉

  1. 過去に払いすぎた利息※1があればそれを元本にあててもらい借金額を減らす
  2. 将来の利息をカットしてもらい分割払いをする
  3. 一括返済することで借金額を減らしてもらう

 

※1任意整理で借金が減額される仕組み

「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係している。
「利息制限法」:金利の上限を15~20%と定めていて、超えた分の金利は法律上無効。
「出資法」:金利の上限が29.2%。これを超えて金利を設定していれば刑罰の対象となる。

 

⇒20%を超えた金利でも29.2%を超えてなければ刑事罰の対象とはならなかった。

 

刑罰の対象とならない金利ゾーンを「グレーゾーン金利」と呼ぶ。
貸金業者の中にはこのグレーゾーン金利と呼ばれる違法な金利を取っていたため、
この分が払いすぎていた利息ということです。

 

 

任意整理が利用できる人

  • 継続的な収入が見込める方(学生やアルバイトでも可)
  • 減額後の借金を3年ほどで返済できる方

 

取り立てと返済がストップ
弁護士や司法書士に依頼すると金融業者は債務者に取り立てできなくなりますので、返済は一時ストップされます。

 

裁判所は関与しない
任意整理は和解交渉なので面倒な裁判所の手続きは必要ありません。
よって、裁判所への提出書類もなく官報に名前が載ることもありません。

 

債務(借金)整理は総合的に判断して選ぶ

債務整理の方法は借金額・借金期間・どのくらいの返済能力があるか、
また、任意整理・個人再生・自己破産それぞれにはメリット・デメリットがあるので自分にはどの方法が良いか総合的に判断する必要があります。

 

⇒任意整理のメリット・デメリットは?

借金解決率なんと80%

街角法律相談所

 

  借金の解決方法を無料診断!

  • 債務整理相談事務所の全国比較サイト!
  • 自分にぴったりな事務所を全国から探してくれる!
  • 実名や住所入力は不要!

借金解決無料診断ツール