借金 返済

借金返済の相談前にツールで確認

簡単な質問に答えるだけ!
無料で借金解決のシミュレーションができます。

借金解決無料診断ツール

債務整理をすることのメリット・デメリットとは?


債務整理手続きにおいてはそれぞれにメリット・デメリットがあります。
任意整理・個人再生・自己破産に共通するメリットとして、

 

取り立て・返済が全てストップします。
ただし、当然デメリットもあるので注意が必要です。

 

任意整理によるメリット・デメリット

任意整理のメリット
完済が早まる
将来の金利がカットされ、債務(借金)が減るので完済が早まる!
一部の債権者(金融業者)だけ整理することが可能!
例えば、車のローンや保証人がついている奨学金などの一部の借金は整理からはずせるので、家族に迷惑がかからない。
また、クレジットカードも一部残すことも可能です。

 

任意整理のデメリット
返済額の減り幅が少ない
原則として借金の元本は払うことになるので、個人再生や自己破産に比べると借金はあまり減らない。
信用情報に登録される
個人再生や自己破産のように官報に載ることはないが、信用情報機関には任意整理の事実が登録されることになり、5年程度は新たにローンを組んだり、クレジットカードの利用が制限される。

 

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット
借金がかなり減額される
債務(借金)が原則5分の1にまで減るので今後の返済がかなり楽になる。
マイホームは手放さずに済む
自己破産とは違い、マイホームが処分されることはありません。ただし、車などの財産※1には注意が必要です。

※1車などの財産

ローンが残っていない場合:手放さずに済む
ローンが残ってる場合:原則ローン会社に引き上げられる。

借金のいきさつが問われない
自己破産のように借金した経緯は問われない。

 

個人再生のデメリット
官報に名前が載る
信用情報に個人再生の事実が登録されることに加え、個人再生の手続き中に合計3回官報に名前が載ります。
しかし、1日に数百人という多大な情報が載りますし、一般の人が官報を目にすることはほとんどありませんので気付かれるのはごくごく稀です。

 

住宅ローンは減額されない
マイホームは残せますが住宅ローン自体は減額されません。

 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット
全ての債務(借金)が免除される
借金が全てなくなるので毎月の給料を自分のために使うことができ、今後の生活を立て直せる。

 

自己破産のデメリット
職業制限がある
免責決定を受けるまで(3~6ヵ月間)、生命保険の募集人・警備員・宅建取引主任者などの一部就けない職業がある。
⇒職業規制について詳しくはこちら

 

高額な財産は手放すことになる
原則として20万以上の財産現金だと99万以上は手放さないといけません。
ただし、生活に必要な家具などは除きます。

 

信用情報に登録される
官報に載ることに加え、信用情報に自己破産の情報が登録されるので5~10年は新たなローンを組むことはできず、クレジットカードの使用にも制限がある。

 

戸籍や住民票に債務整理した情報が載る、自己破産したことによって選挙権がなくなるといったことは一切ありません!

借金解決率なんと80%

街角法律相談所

 

  借金の解決方法を無料診断!

  • 債務整理相談事務所の全国比較サイト!
  • 自分にぴったりな事務所を全国から探してくれる!
  • 実名や住所入力は不要!

借金解決無料診断ツール